施工事例 | 新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店

施工事例

弁天橋通の家 / Bentenbashidori House

弁天橋通の家外観

弁天橋通の家内観


大屋根に包まれ、伸びやかな空間をもつ木の家

建物は街並みと調和するスタンダードな切妻の大屋根によって形造られている。外壁は印象が柔らかな小波ガルバリウム鋼板を主体とし、玄関周りは唐松のドイツ下見板張りとしている。
大屋根の大らかさと、アプローチの植栽、部分的な木の素材感が一体となり、落ち着きを感じる外観としている。

室内は、大屋根の屋根形状をそのまま活かした吹抜け勾配天井をもつ空間。
天井はシナベニヤ張り、壁は左官壁とした自然素材のナチュラルな素材感で統一している。

機能性と空間に馴染む造作収納家具

キッチンスペースには、造作キッチンと必要な収納量を確保した造り付けの背面収納を配置。
リビングダイニングには、カウンター型の両面収納棚、テレビボードなどを素材の統一を図りながら建築一体で製作。室内のインテリア性を損なうことなく収納率の最大化と、室内意匠の統制を図っている。

吹抜け上の2階フリースペースには、畳コーナーと家族共用のワーキングカウンターを床掘り込み座卓として製作している。

県内初の真空トリプルサッシと、床下エアコン暖房システム採用のエコハウス

建物の断熱と構造性能を支えるものが、断熱気密と構造性能を一体で発揮するHP壁パネルと屋根パネル。このパネル工法により、高い耐震性と高気密高断熱のハイスペックな躯体が実現している。
外部建具には新潟県初採用となったガラス部に真空層を持つ樹脂サッシ、YKK APのAPW330真空トリプルサッシを装備。これにより、窓からの熱の流出を一般の断熱サッシ(アルミ樹脂複合サッシ+ペアガラス)と比べ、概ね1/3に押えている。

また、暖房方式には高効率エアコンを床下に配置した「床下エアコン暖房システム」を採用。床下の土間基礎に蓄熱させながら室内にゆるやかに熱を供給、暖房することで1階床面全面を暖め、冷輻射や上下温度差からくる不快感のない室内に。
床下エアコン暖房は、他の暖房方式と比べても非常にコストパフォーマンスが高く、室温安定にも寄与する質の高い主暖房として機能する。

高性能な躯体と、室内温度差が発生しにくい空調方式により、冬の寒さが厳しい新潟であっても閉鎖的にならず、吹抜け空間を持つ豊かな内部空間が実現できる。

市野山の家 / Ichinoyama House

市野山の家外観

市野山の家内観


落ち着きあるラグジュアリーな木の家

スクエアなファサードを持つ建物は、マットでマッシブな横葺きガルバリウム鋼板が外部を包み込む。ガルバリウム鋼板の外壁に同一の横張りでから松ドイツ下見板張りを合わせ、木の家の柔らかさと端正な意匠を両立している。

1階の空間は落ち着きある左官塗り仕上げにミディアムブラウンが印象的なチーク無垢フロアをあしらうことで洗練されたラグジュアリーな木の家に仕上がっている。

機能的に配置した造り付け収納家具

造作キッチンを中心にしたキッチンスペースには、カウンター型収納や物入れからなるキッチン背面収納を機能的に配置。造り付け家具の特徴でもある空間に馴染む統一感ある意匠で室内に溶け込む。既成の持ち込み家具では実現できない収納率とデザイン面の両立を図っている。
他にも造作家具・収納は、シューズクローク、書棚、TVボード、PCコーナー、洗面化粧台など多岐にわたり、各所に機能的に配置されている。

エネルギーロスの小さな断熱性能と床下エアコン暖房システム

新潟より厳しい北東北の省エネ基準(Ⅱ地域:Q値基準1.9w・m2K)を容易にクリアする断熱性能を持つことで、解放感のある空間ながらエネルギーロスが少なく低燃費、室内の上下温度差が少ない室内環境を実現している。
また、暖房方式として床下にエアコンを配置した「床下エアコン暖房システム」を装備。熱容量の大きな床下空間の基礎に蓄熱させながら室内に熱を供給すると共に、床面全面を心地よく暖め不快ゾーンのない室内に。
エアコンという高いヒートポンプ性能と低ランニングコストの設備を建築化暖房ともいえる建築一体でつくる床下暖房方式の基幹エンジンとすることで、高価な空調システムを導入せずとも、安価で設備更新もしやすいコストパフォーマンスの高い暖房システムを実現している。

こがねの家 / Kogane House

こがねの家外観

こがねの家内観


長期優良住宅 -木のいえ整備促進事業(長期優良住宅普及促進事業)採択-

こがねの家は、長期優良住宅(地域資源活用型対象住宅)の認定と国からの補助金交付を受けて建築されている。
補助金は、長期優良住宅としての基本100万+地域資源活用型として、主に新潟県産杉(越後杉)を積極利用することで20万の追加加算、合計120万円の補助金が交付されている。

心地いい木の香りをまとった室内

足元は素足でも心地いいカバ桜やパインの無垢フロア、壁天井にはシナ合板張りのオイル仕上げとした品を持たせつつも上質な木質空間に。室内は自然素材を全面に使いながらもシンプルにまとめている。
住まい手と共に味わい深く歳をとる、そんな住空間を目指します。

造作家具や造り付け収納で住宅密度を高める

延床面積26坪のコンパクトな住宅で不足になりがちな収納スペースは、造作家具や造り付け収納を積極的に採用することで補う。
持ち込みの置き家具ではなく、大工仕事で造り付け収納を随所に。畳コーナーの小上がり段差を利用した床下引出し、キッチン背面には幅と高さを室内寸法で最大となるようにキッチン背面収納を製作し収納率を最大化。
そして、基礎断熱を採用したことで床下空間全てを収納スペースとできるようにも計画。
収納を建築と一体で作ることで、空間の一体化が図られ圧迫感なく家具が住宅に溶け込む。

ハイスペックな基本性能、床下エアコン暖房で冬暖かく

構造にパネル工法を採用した高気密高断熱、耐震性を高めた住宅。
積雪を加味しつつ、耐震等級2をクリアするべく構造計算(許容応力度計算)。断熱性能は、パネル工法にLow-Eペア樹脂サッシを採用しQ値=2.0W/m2Kを実現。
暖房方式にエアコン1台でコストパフォーマンスの高い暖房空間が実現できる床下エアコン暖房方式を採用。エアコン1台で1階床面全面をゆるやかに床暖。真冬でも階毎の上下温度差は1℃以内をキープ。

北本の家 / Kitahon House

北本の家外観

北本の家内観


眺望豊かな敷地を活かしたコンパクトな平面計画

敷地の一角から豊かな眺望が望めることで必然的に決まったリビングからは、開口部を通じて外部へと視線が抜ける。
必要最小限ながら、畳スペースや大容量の小屋裏物置を配したコンパクトで密度の濃い平面計画。

自然素材の心地よさに包まれた室内

足元は素足に心地よく明るいカバ桜の無垢フロア。
壁天井の和紙はわら入りの壁紙で、和紙独特の風合いと相まって光の反射もやわらかい。室内はシンプルな設えと素材感のある心地いい空間に。

数字で計れるハイスペックな構造性能と断熱性

建物は新潟の積雪量と通常はない小屋裏物置の積載荷重を加味し構造計算(許容応力度計算)。構造計算を元に造られた建物は何よりも確かな安心に。
断熱性能は、高性能断熱材とLow-Eペア樹脂サッシを採用しQ値=2.0W/m2Kを実現。躯体性能を高めてエネルギーロスを抑えることで、設備性能に依存しない省エネ住宅を目指す。

百津の家Ⅱ / Momodu House 2

百津の家2外観

百津の家2内観


南の借景をのぞむ、コンパクトな平屋の木の家

南に大きく開いた窓と深い庇、ウッドデッキが中と外を緩やかに繋げる。
暮らしの意識が外部と繋がりを持つことで、コンパクトな住まいでも豊かに暮らせる工夫とした。
2人住まいの室内は、一室空間を基本とした仕切りのないおおらかな設計。将来の可変性を見据え、間仕切りや収納の追加準備も。

木の香りとやさしい光に包まれる、やすらぎの空間

室内は素足に心地よい無垢フロア、壁天井をシナ合板のオイル仕上げ。柔らかな自然素材でまとめたシンプルな空間は、年月とともに深みと愛着が増す心地いい空間。

造作家具の設えが空間密度を高める

置き家具ではなく大工の手仕事で造り付け家具を積極採用。住まい手と綿密な設計打ち合わせを重ね、リビング、キッチン、水廻りには使い勝手の密度を高めた造作家具を配置。造り付け家具とすることで、限られた床面積で空間を広く使えるように計画。
また、造り付け家具は内部仕上げと調和させることで、小さな空間であっても置き家具のような圧迫感がなく、一体的で拡がりのある室内とすることができる。

水平に伸びた2枚の屋根と縦小波の外壁がやさしく包む

両手を広げるように深く伸びた2枚の片流れ屋根と、ガルバリウム鋼板の小波外壁がやさしく建物を包む。建物本体は耐候性の高いガルバリウム鋼板に木のアクセントを設え、スチールと木との組み合わせで周辺環境にも木の家らしいローインパクトな印象に。
植栽の一部にはジューンベリーなど数種の果樹を植え込み、季節ごとの葉色の変化とともに収穫する楽しみも感じることができる。

メダル メーカー賞受賞HPシステム全国大会 平成22年度施工コンテスト メーカー賞 受賞
住まいネット新潟 Vol.12住まいネット新潟 Vol.12「小さな家特集」に掲載されました

百津の家 / Momodu House

百津の家外観

百津の家内観


ガルバリウム鋼板と横長コーナー窓がランドマークに

ガルバリム鋼板は外壁では極めて珍しい横に継ぎ目のない横葺きに。周囲のランドマークを目指した外観は、ガルバリウム鋼板に横長コーナー窓、木製格子をアクセントとしたスチールと木が対比するシンプルな意匠に。

暮らしの背景に自然が広がる、スキップリビングの家

リビングの外に設けたウッドデッキの先には、桜と緑を借景にした自然が広がり光・風・緑の香りを身近に感じられる。
室内は無垢材と左官壁を使った、自然素材が生み出すナチュラルな空間に。

リビングとデッキを連続させることで、内部空間と外部空間が曖昧になり、数字で見る床面積以上の空間的豊かさを獲得している。
リビングを40cm下げスキップさせることで変化が生まれ、そのステップが自然と腰を落とすベンチとなる。リビングを囲みこむように配したステップは思い思いの自分の居場所となる。

必要な設えを大工の手仕事がカタチに

造り付け収納からキッチンまで、建て主の想いを大工の手仕事でていねいに仕立て上げる。柔軟でフルオーダーな大工造作は、既成品ではできない室内空間との高い調和性、建て主に合わせた設計と素材感を大切にした仕上りが特長。

メダル web掲載木材保護塗料「キシラデコール」メーカーサイト 塗装事例集に掲載

坂井の家 / Sakai House

坂井の家


リビングと夫婦室を楽しむ

リビングから吹き抜けに、横から縦へと気持ちよくつながる空間。
階段下を余す事なく利用した大容量収納。
明るく静かな夫婦書斎と、くつろぎのある寝室機能を合わせた夫婦室。
書斎機能として造り付け収納、デスクを、寝室には不可欠な大容量ウォークインクローゼットを装備。

マイナスから生まれたマッシブなファサード

装飾をマイナスし、耐久性の高いガルバリウム鋼板で包み込む事で生まれた力強いファサード。硬質な外皮に、やわらかいアクセントを与える玄関の木製格子壁。

安心の構造と快適な住空間

集成材金物工法+パネル工法で最高クラスの構造性能。次世代省エネ基準をクリアする省エネ快適空間。

旭町の家 / Asahimachi House

旭町の家


都市型狭小住宅

変形した台形敷地に建つ都市型住宅。限られた敷地面積の中、建ぺい率を使いきる目一杯な建物ボリューム。
屋根裏空間を使った小屋裏収納は、都市型住宅に充実の収納力を与えます。

高い耐震性と省エネ性を両立したパネル構法

工場生産された断熱構造パネルを使用することで、現場の合理化と住宅品質の安定を実現。
次世代省エネ基準を余裕でクリアする断熱性能は、四季を通じて少ないランニングコストで快適に過ごせる空間となります。

稲荷の家Ⅰ / Inari House 1

稲荷の家Ⅰ外観

稲荷の家Ⅰ内観


大家族が暮らす、落ち着きのある外観

深く伸びた軒が家族をやさしく包む。ガルバリウム鋼板をまとったシンプルな外観にリズムよく並ぶ化粧垂木が軒を作る。
高さを抑えたプロポーションとすることで、大きいながらも威圧感の無い落ち着いた印象に。

畳のある気持ちよさ

現代住宅から減りつつある畳の間。稲荷の家Ⅰではリビングに併設する畳の間と、単独の和室と計2間の和室を備えます。仕上げと障子の割り付け、窓の配置に気を使いまとめることで純和風を外した現代解釈の和室に仕上げています。