1. ホーム
  2. その他
  3. 現場シートをリニューアル|デザインのポイント解説

現場シートをリニューアルしました。と言っても、実はだいぶ前から変わっていてきちんと紹介するタイミングを逃しただけです(笑)

現場シート|自然素材でつくる低燃費エコハウス 山口工務店

現場シート1_山口工務店

現場シートのデザインはあっさりしているくらいが丁度いい。企業イメージが雰囲気で伝わればそれで役目を果たしていると考えています。
例えば、一般の方目線で現場シートに文字や写真情報を詰め込み過ぎても、立ち止まって見上げて熟読する人はいません(笑)

工事シートのデザインのポイント

そんな考えで、

  • 施工写真で当社が造る自然素材の家のテイストを表し
  • 省エネ住宅を表す意味を”低燃費エコハウス”で表現
  • (一応現場シートですので)会社名の山口工務店を大きく

という内容でまとめました。

現場シート2_山口工務店

その他にも、断熱性能でHEAT20だ断熱等級7だの全館空調だの、構造は耐震等級3標準・全棟構造計算だの、造作家具の設えなど優先して書きたいこともありましたが、引き算方式でバッサリカット。

詳しくはウェブで。が、正解枝です。

現場シートとは

現場シートとは、建築現場の足場の目に触れやすい位置に掛かっている横断幕のことで、工事用シートなどとも呼ばれたりします。現場シートは企業PRや看板代わりとしての役目で使われています。

ちなみに、この現場シートは法的な掲示義務はありませんので張ってない現場はけしからん、ということはありません。これとは別に足場の一部や全体を覆う”足場ネット(メッシュシート)”は足場自体の設置計画によっては義務です。(メッシュシートを張らない別の安全対策もあります)

問合せ先

自然素材を使ったシンプルで快適、心地いい家づくりを目指しています。 詳しくは下記のリンクからwebをご覧ください。

自然素材の木の家・低燃費エコハウス|新潟の注文住宅 山口工務店

お問い合わせは弊社ウェブサイト、またはブログのメールフォームからもどうぞ。

Facebookはじめました

FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

直近のweb更新
  1. 2022.06.21 イベントページに「緑町の家」完成見学会の案内を追加
  2. 2022.04.20 コンセプト>「安心」の断熱性能をHEAT20 G3、断熱等級6・7に対応
  3. 2021.12.08 施工事例に「五十嵐二の町の家」を追加

山口工務店ホームページ

ホームページを完全リニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。

投稿者

山口 雅和

新潟、阿賀野市で活動する山口工務店の住まいづくりブログ。自然素材をシンプルに使い、エアコン1台で全館空調、温度差の少ないエコハウスを建築。ブログでは趣味・指向、雑記なども書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)